アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
SMF(Saitama Muse Forum)と連携しています
SMF(Saitama Muse Forum)と相互LINKしています。

昨年から協力団体として連携して各種イベントを実施しています。

c0127841_98462.jpg


*SMFとは*
SMFは「アートの風」のシンボルとなる「風車プロジェクト」を機縁に結成されました。
埼玉近代美術館に事務局を置くSMFには,美術を中心に,建築,音楽,文学,ダンス,パフォーマンス,地域活動など,さまざまなジャンルや領域で意欲的に活動するメンバーが集っています。
SMFは,既成のジャンルや概念にとらわれない自由な視点からさまざまなアートプログラムを企画し,多くの方々との協働により実現を図ることで,アート関係者と市民を結ぶ有効なネットワークを形成することをめざしています。


SMFでは,様々な体験をさせていただいたり,埼玉でアート活動をする方との繋がりも増えました。
これからも協働して埼玉のアートシーンを盛り上げていきたいと思います。

URL: http://artplatform.jp/index.html

お問い合わせやニュースレター・情報の配信をご希望の方は,
mail: SMF.info@artplatform.jp

記事:鈴木
[PR]
# by town-art | 2010-09-23 09:18
MAG 五組目 「四泊五日展」  続編
遅くなりましたが、MAG「四泊五日展」の展示風景をアップさせていただきます。

まちアートギャラリー(MAG) 三人展 五組目

「四泊五日展」

廿楽紘子
浅沼奨
櫻井千寿子

作品名
『river-earth ~リヴァース~』

コンセプト
越谷を流れる元荒川のイメージを具現化しました。
元荒川は桜の名所と言われるきれいな外観ですが、実際はどうなのでしょうか・・・?



c0127841_22581319.jpg

制作者三人

c0127841_22593875.jpg

全体像


作品に使われている木々は、全て川沿いで拾ってきたもの。ごみも拾い集めた本当の「ごみ」です。一見きれいな魚から、そのごみが溢れ出しています。
この作品から、なにかメッセージを感じていただけたらとおもいます。


展示場所:イオンレイクタウンKAZE一階 インフォメーション内 MAG

********************************

見に行ったよ!という声をたびたびいただき嬉しく思っています^^
まだ展示していますので、ぜひ足をお運びください。




記事:櫻井
[PR]
# by town-art | 2010-09-07 23:08 | まちアートギャラリー(MAG)
美術教育5750分展Ⅱ
今年もやります!体張り企画!!!昨年度よりボリュームアップ!!ぜひご来場・ご参加ください。

かつて、
あなたが受けた「美術教育」を思い出してください…
そして、現在の「美術教育」を感じてください。


c0127841_21534580.jpg


『5750展Ⅱ―美術教育は生きているか―』プログラム1:現役美術教師やアーティストが5750分を使って公開制作します !

■「5750分展Ⅱ」公開制作+美術教育座談会


現役美術教員やアーティストが5750分を使って会期中公開制作(ライブペインティング)や街頭に繰り出し、街を行き交う人
に「美術教育」について尋ねるアートインタビューや座談会を開催します。入場無料 ! 出入り自由 !
●参加者: 廿楽紘子・鈴木眞里子・山口愛・柴直子・浅沼奨・柿本貴志・大澤加寿彦・渡辺範久・浅見俊哉 他多数
●会期: 8月7日(土)・8日(日)・9日(月)・10日(火) 10:00~20:00
●イベント : 会期中毎日14:00~16:00「美術教育座談会」を開催します。 
●会場 : KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ) 埼玉県越谷市北越谷5-9-27(東武伊勢崎線 北越谷駅 東口下車 徒歩5分)http://kapl.exblog.jp/

c0127841_21544789.jpg


プログラム2:美術教育を多角的に捉えるシンポジウム+ ワークショップ開催 !

■「5750分展Ⅱ」シンポジウム+ワークショップ


「美術教育」は特定の人だけのものではありません。今を生きる「美術教育」を多角的に考えられるシンポジウムとワーク
ショップを開催し、参加者全員で「美術教育」を考える機会をつくります。是非お気軽にご参加ください。
事前申し込み不要 ! 入場無料 !
●提案者 : 大澤加寿彦(アーティスト)・鈴木眞里子(まちアートプロジェクト代表)・山口愛(コミュニケーション漫画家)
●会期 : 8月29日(日) 10:30~16:30 埼玉県立近代美術館 2 階講堂 入場無料
●タイムテーブル:
第一部10:30~12:30「美術教育」で話す! ( 美術教育をテーマに参加者皆で話し合うプログラム)
第二部13:30~16:30「美術教育」で遊ぶ! ( 美術教育をモチーフに様々な遊びを通し、改めて美術教育を考えるプログラム)
●会場 : 埼玉県立近代美術館 2階講堂 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1(JR京浜東北線 北浦和駅下車 徒歩5分)






各プログラムとも事前申し込みは不要です。お気軽にお立ち寄りください。

平成22 年度 文化庁「美術館・歴史博物館活動基盤整備支援事業

主催:「交差する風・織りなす場」実行委員会 共催:KAPL「5750 分展」実行委員会/MAP(まちアートプロジェクト)
問い合わせ:埼玉県立近代美術館内「交差する風・織りなす場」実行委員会事務局 tel:048-824-0110 / e-mail:SMF.info@artplatform.jp
またはdejivu04●yahoo.co.jp (●を@に直してお送りください。)/ 090-9318-7780(浅見)まで。


~展覧会によせて~

あなたの「美術教育」を教えてください…。
「5750分」これは何の数字でしょうか?
実は現在の中学校3年間で学ぶ「美術の時間」なんです。
ちょっと思い出して下さい。あなたの中学校の「美術の時間」。美術をとても楽しみにしていた人、息抜きの時間にしていた人、退屈で仕方なかった人も、あなたが学校で受けた「美術の時間」のことを思い出してください。―美術はどんな授業でしたか? 色の勉強、友人や郷土の風景を描いたり、粘土で陶器をつくったり―美術をどんな先生に習いましたか? 変な先生? 手先が器用な先生? やけに熱い先生? 何も教えてくれなかった先生? そしてその「美術の時間」に、どんな学びがありましたか?
 「5750分展」は、2009年8月からはじまり、今年で2回目となる「美術教育」をモチーフにした誰もが参加できるアクションです。冒頭にも書きましたが、文部科学省が告示する平成24年度から行われる「新学習指導要領」(学校現場で行われる教育課程の基準)では、中学校3年間で行われる「美術の時間」は週に1時限(1年生は1.3時限)に定められています。1時限は50分、3年間で115時数ですから合計すると「5750分」が、「美術の時間」というわけです(参考までに英語は21000分です)。「5750分」、この数字を多いと感じるでしょうか、少ないと感じるでしょうか。
 私達は今回の企画でこの「5750分」を使い、「美術教育ってなんだろう?」「美術教育でなにができるだろう?」と皆で話し合い、行動し、模索したいと考えています。    

「5750分展」発起人: 浅見俊哉



~企画者・パネラー紹介~


●浅見俊哉(あさみしゅんや) アーティスト・美術教師
日々「アートとは何か?」を模索する。2006年7月には、鑑賞教育で注目を集めた展覧会「Mite!おかやま」(岡山県立美術館)に作品を出品、2007年9月には、NY・A-forest-Galleryに作品を出品。2008年7月、「KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ」を設立し、月に一度のペースで展覧会を企画する。2009年8月には「美術教育」をテーマとした企画展「5750分展」を開催。現役美術教師が中学生に教えている5750分で作品制作、美術教育に挑んだ。アクセス : http://asaworks.exblog.jp/

●鈴木眞里子(すずきまりこ) まちアートプロジェクト代表・美術教師
大学時代に作品制作・展示をしていく中で,美術館やギャラリーでは作品は興味のある人にしか見てもらえないという疑問が生じる。「アートはもっと身近に楽しめコミュニケーションがうまれるもの」をキーワードに気軽に誰でもアートを感じられるような作品展示やワークショップ、シンポジウムの開催など地域に根付いた活動を展開。大学院では「地域との連携による展覧会を活かした美術教育実践の開発」の研究を進める。美術を通して伝え合う力が高まり、自己と他者および社会との関係性について考えることのきっかけとなるという視点から美術や美術教育と携わっている。アクセス : http://townart.exblog.jp/

●山口愛(やまぐちあい) コミュニケーション漫画家・美術教師
大学在学時は美術教育を学びながら作品制作をし、卒業制作展示では埼玉県立近代美術館にて漫画作品を展示。また、2006年からまちアートプロジェクトに所属し、4年に渡り作品出展者として活動。地域の商店の店主を主人公にした漫画を制作。大学院では美術教育における漫画の活用をテーマに研究。現在は埼玉県越谷市の美術教諭として美術教育を実践しながら、漫画の持つビジュアル・コミュニケーション力で多くの人と関わっていきたいと考えている。

●大澤加寿彦(おおさわかずひこ) アーティスト
ギター講師である父の影響を受け、中学生から音楽を始める。下北沢を中心に活動し、2008年にまちアートプロジェクトに参加。東京都、埼玉県、長野県など全国各地に活動場所を広げている。ポップなサウンドとあたたかい歌声を武器に、人々の笑顔をテーマに制作した楽曲を演奏している。また、MAPやKAPLでは音を使ったワークショップ等を行い、写真作品も出展し、幅広く表現活動に挑戦している。アクセス : http://www.myspace.com/ohsawakazuhiko


~スペース・アートプロジェクト紹介~

●KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
2008年7月、埼玉県越谷市にオープンしたアートスペース。閑静な住宅地の中にある開放的な空間で月に一本の企画展を開催。誰もが主体的にアートに関われる企画を通し、「アートで何が出来るか」
を皆で考えていける機会を創造します。是非ご来場ください。

●MAP(マップ・まちアートプロジェクト)
2006年より埼玉県越谷市を舞台に、人の行き交う商店(毎年約40ヶ所)に作品を展示し、街全体を「美術館」にするアートプロジェクト。アートを通して、商店主との関わりの中で作品が生まれ、作品を
通して地域の人との関わりが生まれる。新メンバーも募集中 !


昨年度の5750展の様子はコチラ
http://kapl.exblog.jp/i22



MAPのみんなも参加します。
シンポジウムでもお話します!

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by town-art | 2010-08-03 21:56 | NEW!最新のお知らせ
KAPL2周年特別企画 「越谷再発見」展!
7月のKAPL企画展のお知らせです。まちアートプロジェクトと連携して開催します!

c0127841_12493416.jpg


2010年7月でKAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)は2周年を迎えます。

今回、アートを通して見えてきた「越谷」の魅力を再発見できる企画です。

越谷市で撮影され、アートで地域商店主さんとの暖かい関わりを描いた映画「鉄塔手繋日」や、アートで生まれた人と人との繋がりを実感できる「越谷アートピクニック」、越谷の魅力ある写真を公募した「越谷写真1000景」など越谷を再発見するにふさわしい盛りだくさんな内容で皆様をご案内します。

案内するスタッフは、越谷市を「美術館にしよう!」と2006年から越谷市の商店に作品を展示しアートで新たなコミュニティを生み出しているMAP(まちアートプロジェクト)のメンバーと、2008年に北越谷にオープンし、文化発信をしてきたKAPLのメンバーです。両者が発見した「越谷」の面白さをぜひ体験してください。


■「Re:discover-KOSHIGAYA 越谷再発見」展!


■会期日時:7月19日(月・祝)・7月24日(土) 13:00~18:00 完全事前申し込み制

■ツアー内容:
13:00 東武伊勢崎線北越谷駅集合
13:30~15:00 映画「鉄塔手繋日」上映 監督:浅沼奨(2009年度作品)+展示作品鑑賞「越谷写真1000景」
15:30~16:30 越谷アートピクニック・北越谷商店会
17:00~18:00 越谷アートピクニック・大袋商店会

■申し込み方法:
FAXでの申し込み→040-824-0018(埼玉県立近代美術館 学芸 越谷アートピクニック係)
メールでの申し込み→dejivu04@yahoo.co.jp(担当:浅見)

各回定員25名です。応募多数の場合は抽選になりますのでご了承ください。
また抽選の結果は、7月15日頃を予定しています。

■主催:KAPL2周年特別企画実行委員会 共催:SMF(サイタマミューズフォーラム)・MAP(まちアートプロジェクト)・文教大学写真表現サークルDEJIVU 協力:北越谷商店会有志・大袋商店会有志


KAPL共々、どうぞよろしくお願いいたします。



記事:服部
[PR]
# by town-art | 2010-07-12 12:50 | NEW!最新のお知らせ
MAG 五組目 「四泊五日展」
三人展もついにラストの組となりました。
二日間に渡った展示作業が完了しましたのでご報告します!!

現在、まちアートギャラリー(MAG)では、

廿楽紘子
浅沼奨
櫻井千寿子

の三人で「四泊五日展」を行っています!


今回は三人展で初の試みである、”共同制作”に挑戦しました。
展示名の通り、四泊五日での作品制作です。



作品名
『river-earth ~リヴァース~』

コンセプト
越谷を流れる元荒川のイメージを具現化しました。
元荒川は桜の名所と言われるきれいな外観ですが、実際はどうなのでしょうか・・・?

******************


作品を直接見てもらいたいという思いから、今回は作品の写真をアップしません。後日改めてアップしようと思います!

MAGへ足をお運び頂けたらと思います!!ぜひご覧ください!



展示場所:イオンレイクタウンKAZE一階 インフォメーション内 MAG

記事:櫻井
[PR]
# by town-art | 2010-05-18 01:35 | まちアートギャラリー(MAG)
kk
c0127841_1535831.jpg


c0127841_15504659.jpg


c0127841_15353265.jpg

[PR]
# by town-art | 2010-03-17 15:49
「はじめての教育学研究展」
まちアートプロジェクトと連携している2010年3月のKAPL企画展のお知らせです!

c0127841_16244467.jpg


「はじめての教育学研究展」
文教大学大学院教育学研究科2009年度研究報告



「研究はなんだか難しくて分からない」それは本当でしょうか?
最初のきっかけは素朴な疑問「どうして?」「なぜ?」
それに答えるのが「研究」です。

大学院の2年間で,十人十色な私達が情熱をかけて追いかけてきたことを皆様と共有したいと考えています。きっとあなたも何かを研究してみたくなる,そんな展覧会です。

私達の研究は,修士論文で終わりではありません。研究者としての初めの一歩の展覧会にどなたでもぜひお越し下さい。お待ちしています!

日時: 2010年3月20日(土)21日(日)
時間: 10:30-18:00
場所: KAPL-コシガヤアートポイントラボ
費用: 入場無料
企画: 文教大学大学院教育学研究科2期生
連絡先: corsage85@yahoo.co.jp(鈴木)


○展覧会関連イベント○
 21日:「研究発表会」13:30ー15:30
 20・21日:研究ワークショップ・ポスター発表(随時)


c0127841_16245156.jpg


詳細はKAPL公式blogにて
http://kapl.exblog.jp/
主催:コシガヤアートポイントラボ実行委員会
c0127841_16342919.jpg



この展覧会は,MAP代表鈴木と副代表山口の研究成果を発表しています。
また,鈴木はMAPに参加した大学生や児童の心的な変化を研究発表しています。

ぜひKAPLに遊びにきてください!


記事:鈴木
[PR]
# by town-art | 2010-03-12 16:39 | KAPLとの連携