アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「図画工作美術なんでも展覧会2009」に出展!
「図画工作美術なんでも展覧会2009」がうらわ美術館で行われています。

c0127841_133389.jpg


*展覧会企画の意図*

 今、教育現場では美術教育の危機が叫ばれています。それは授業時間数の減少だけでないはずです。
 考える力、創造性、感性、コミュニケーション能力…。今日、教育で多く使われているこれらの言葉は、今まで美術教育がもっとも重視してきた言葉です。私たちは、そのような美術教育の重要な役割を、そして、図工・美術で培う学力をわかりやすく国民に説明してきたでしょうか。
 今回の企画は学校に焦点を当てて、人の一生、発達で切り取ります。特に、生涯に関わる基礎作りの場としての「学校」、全ての国民が学ぶ「学校」という教育機関で、今日求められている学力観や能力観に対して何が行われているのか。そして、人の一生と美術教育はどのようにかかわるのか。果たして美術教育は必要なのかを改めて展覧会を通して検証していきます。前回に劣らず幅広い視点から美術教育について視覚化できる展覧会にするとともに、新たな美術教育の胎動を予感できる『美術教育イノベーション』としていきたいと考えています。

***


今回2回目の開催となるこの展覧会。
1回目はフリーペーパーキタコミを出展しました。

c0127841_13332624.jpg

       なんでも展覧会2007出展時の展示風景


美術という教科の枠を越え、アクションを投げかけた実行委員会の皆様や出展者の方々の熱い気持ちは、これからの美術教育がもっとワクワクしたものになる実感となり「私もがんばろう!」と身の引き締まる思いがしました。

まちアートプロジェクトも今までの活動をまとめた全60ページの見ごたえのあるファイルを出展しています。

「旅するファイルプロジェクト」と名づけられたこの企画、展覧会が終わっても全国を旅したくさんの方に見てもらう機会を作っていただけるそうです!


●会期:2009.3.18~3.29

●時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

●会場:うらわ美術館

●blog: 美術と自然と教育と


記事:鈴木
[PR]
by town-art | 2009-03-22 13:34 | 2009年度:活動の記録
PEELERにレビュー掲載!
日本の、世界の片隅で起こっている現代美術の事件を記録、発信する「PEELER(ピーラー)」にまちアートプロジェクトのレビューが掲載されました。

PEELER表紙 http://www.peeler.jp

レビュー① http://www.peeler.jp/review/0902gunma/index.html

レビュー② http://www.peeler.jp/review/0902gunma/index02.html


レビューを書いてくれた横永さんは昨年から熱心に何度も足を運んで頂き、じっくりと展覧会を見ていただき、今回の掲載の運びとなりました。

今回のレビューはまちアートプロジェクトに参加する私たちからも新鮮な目線でとても嬉しくよませていただきました。
今後のMAPの進め方にも参考にさせて頂きたいと考えています。

ワタラセアートプロジェクト2008との比較も興味深く読ませて頂きました。

是非読んでみてください!!


記事:鈴木
[PR]
by town-art | 2009-03-22 13:00
2009年第2回会合
3/13(金)19:00〜
2009年のまちアートプロジェクト(以下MAP)の第2回となる会合をKAPLにて行いました。
c0127841_14503845.jpg



まずは3/21(土)に行われる「さくらファスタ」についての話です。

これは北越谷駅を降りてすぐの「さくら広場」で毎年行われる、北越谷商店会のなどが主催するお祭りです。
今年はMAPも参加することになりました。


今回MAPは青写真ワークショップや作品展示、ポストカード等の販売を行う予定です。


さくらフェスタ詳細

日時    2009.3/21(土) 10:00〜14:00
場所    北越谷 さくら広場  北越谷商店会HP





次に今後のMAPについての話で、まず(どちらかというと)個々の予定が話された上で、MAPの仕事を『事務』と『プロジェクト』(主立った動き)と分け、各々に中心となる人を置いて今年は動くこととなりました。


もちろんいざ仕事をする時はみんなでしますし、今までも決め事としての人を配置していなかっただけですが、このようにしたことでスムーズに事が運ぶことを期待したいです。



今後の展開…というよりかは動き方の話だったのですが、プロジェクトを成り立たせる全ての過程において参加スタッフが(大なり小なり)関わるというのは、メリットでもありデメリットでもあります。
少なくてもこのMAPでの大きな特徴であり、それは外部からも言われることです。

私自身は、この形態こそがMAPではないかと思っています。




ともあれ、去年と同じ様に「夏休みはいつ来るの?」となりそうです(笑)
[PR]
by town-art | 2009-03-16 14:56 | 2009年度:活動の記録
MAP参加作家プロフィール①:浅見俊哉
MAP参加作家プロフィール①

c0127841_052048.jpg



浅見俊哉
(Shunya.Asami/あさみしゅんや)

1982年東京生まれ

2006年文教大学教育学部美術専修卒業

現在埼玉県在住

MAP参加は2007年の設立時から




「アートで何ができるか」を日々模索、追求しています。

また、美術教育・美術と地域アートプロジェクト・アートワークショップについて日々活動することで研究しています。

自作品では写真をもちいて制作することが主です。





主な展覧会歴

2004年

12月:「DEJI-VU 展」 DEJIVU第4回展示 ギャラリー萌木(埼玉)
[12月8日 毎日新聞朝刊 記事掲載] 

出品作『ゆくさき』・『またたき』


2005年

6月:「BLACK 展」 ギャラリー恵風アーティスト有志 ギャラリー恵風(埼玉)
        
出品作『存在』


2006年

6月:「浅見俊哉作品展」 川越市立美術館(埼玉)
c0127841_072495.jpg

出品作『私 16:41:29~06:24:44』『15secMAN』『またたき』他


7月「Mite!おかやま」 岡山県立美術館(岡山)
c0127841_07469.jpg

出品作『またたき』



10月:「キタコシガヤ美術館化宣言!」 北越谷商店会(埼玉)

出品作『風』・『またたき』・『15秒人』他


12月:「自分が存在する場所」 プリント館ドゥギャラリー

出品作『15秒人-三郷』


2007年

4月:「対話型鑑賞研究会」 信濃美術館(長野)・梅野記念絵画館(長野)

出品作『またたき』

5月:「存在の造形」―浅見俊哉作品展 ヤマウチアートギャラリー(東京・北千住)

出品作『またたき』・『風』

9月:「Eternal Echo」― A forest Gallery(NY・チェルシー)

出品作『Twinkle-spring』 『Twinkle-summer』全6点

11月:まちアートプロジェクト展覧会 大袋ギャラリーひろば(埼玉・越谷)

出品作『視点―自転車カメラ#1:越谷―』 『またたき―3』全2点

12月:「15秒人―存在のマーキング―」 avocafe(東京・神保町)

出品作『15秒人2007』 『15秒人2007NY』『15秒人 avocafe』



2008年

7月:「MAP7人展」
KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ―(埼玉・越谷)
出品作『視点―コシガヤレイクタウン』

8月:「呼吸する風―浅見俊哉作品展」
KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ(埼玉・越谷)
c0127841_093691.jpg

出品作:『呼吸する風#1Koshigaya』他

8月:「長野アートチャレンジ2008」
芸術むら公園・東御市梅野記念絵画館(長野・東御市)
c0127841_0104884.jpg

出品作:『呼吸する風#2Nagano』・『またたき2008』

10月:「イオンActGreenArt」
イオンレイクタウンKAZE(埼玉・越谷市)常設展示中!
c0127841_095174.jpg

出品作:『呼吸する風』

10月:「MAP展」
越谷市中央市民会館(埼玉・越谷市)
c0127841_0102771.jpg

出品作:『呼吸する風』・『またたき』・『視点―越谷レイクタウン』

10月:「まちを美術館にしよう!2008」
越谷市にある商店・施設(埼玉・越谷市)
出品作:『呼吸する風』(越谷市商工会)・『夢の肖像』(もつ焼き専門店:鳥秀)・『風の窓』(カフェギャラリー楽の蔵)

11月:「まちアートプロジェクトエンディング展」
大袋ギャラリーひろば(埼玉・越谷市)
出品作:『呼吸する風』・『夢の肖像』

12月:「みるをみる展」
KAPLコシガヤアートポイント・ラボ(埼玉・越谷市)
c0127841_0101556.jpg

出品作:『またたき』二点


主な活動歴


2006年

8月:越後妻有トリエンナーレ・こへび隊(はがきプロジェクト)

9月:地域と学生とつなぐフリーペーパー「キタコミ」創刊!
初回第一号は3000部制作。学内、駅、市役所、商店に配置。

11月:第3回 北越谷出津橋フェスタ ワークショップ企画実行
手作り巨大カメラ体験・ライトドローイングによる自分の軌跡写真撮影


2007年


2月:地域と学生とつなぐフリーペーパー「キタコミ」vol.2発行!

3月:「図画工作・美術なんでも展覧会」うらわ美術館
光絵カメラワークショップの活動報告をパネルで展示

5月:「コピアートプリントワークショップ―影撮・かげとり―」 企画実行
ヤマウチアートギャラリー(東京・北千住)
ワークショップの様子が「ケーブルテレビ足立」の番組で紹介される。
放送日 5月31日(木)17:30~/19:00~/23:00~/24:30~


8月:長野県東御市梅野記念絵画館からの要請で、長野アートチャレンジ2007のワークショップ企画実行
『巨大カメラの中で光絵を描こう!』と『影撮』を行った。


10月:まちアートプロジェクト(MAP)―越谷市しらこばと基金助成事業―管理運営スタッフとして、越谷市(新越谷・越谷・北越谷・大袋)にてアートプロジェクトを行う。


2008年

3月: 浅見俊哉講演会-越谷市中央市民会館-
主催:(社)越谷市青年会議所例会で講演
『アートで街はつくれるか』 越谷市しらこばと基金助成事業
「越谷を美術館にしたい!」まちアートプロジェクトの挑戦

5月: 豊田市美術館発行-美術館とガイドボランティア10周年記念誌
「観るひとがいなければアートは存在しない!」に作品展示風景(東御市梅野記念絵画館展示)掲載。

7月:サンシティ越谷コミュニティセンター主催「空のある街5」スタッフ
『影撮』ワークショップを企画・実行
c0127841_0142888.jpg


7月:アートコミュニティスペース:KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)を設立
越谷市北越谷5-9-27 

8月:長野アートチャレンジスタッフ(東御市芸術村公園)

10月:MAP(まちアートプロジェクト)2008オープニングイベント「ふしぎ体験アートパーク」でワークショップを展開
『カメラオブスクラ体験』を行った

10月:越谷市制施行50周年記念「協働フェスタ」で「街とアートの関係」について講演を行う。

11月:平成20年度日本教育大学協会全国美術部門協議会 第47回大学美術教育学会「高知大会」
自由研究『コピアートペーパによる写真表現の可能性』発表

12月:みるをみる展―KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
ギャラリートークを企画・実行




・作品公開サイト『私地図』

・ポートフォリオ




 記事:asami
[PR]
by town-art | 2009-03-02 00:10 | 参加作家プロフィール2009
2009年第1回会合
3/1(日)
MAP第1回会合KAPLで行われました。


まず今回はどうするのか、どのような形態で行うのか、何がしたいのか
という話から入っていきました。
また人数や外部依頼、時期なども話していきました。


「アート」という手段を使ったアクションをするプロジェクトとして
自分たちは何をするべきなのか…それ以上に何がしたいのか。

メンバーに文教大学のOBも含めた学生以外もいますし、
現役の学生もいて、事実として動く時間は限られています。
その中で何をするか選択し、実証をしなければならない…
と私自身は考えました。

過去や今を疑って「果たしてそれでいいのか?」という視点が
必要になってきたと思います。
その議論をするためには、MAPが何をする所なのか
その本筋を個々がつかむ必要があるのではないでしょうか。



c0127841_21332414.jpg

会合風景



記事:カキモト
[PR]
by town-art | 2009-03-01 21:35 | 2009年度:活動の記録