アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
埼玉県文化芸術振興シンポジウム 報告
去る 平成21年1月23日(金)「埼玉県文化芸術振興シンポジウム」で埼玉県越谷市の文化芸術振興活動事例としてまちアートプロジェクトの活動について報告して参りました。


c0127841_9584763.jpg



<プログラム構成>

第1部:講演「アートと地域の有機的な連携によるまちづくりの可能性」
長田 謙一氏(首都大学東京システムデザイン学部教授)

第2部:「県内のアートNPOによる活動紹介」
『まちアートプロジェクトー越谷2008ー』 鈴木眞里子(代表)
『花の街ふかや映画祭2008』 強瀬誠氏(NPO法人市民シアター・エフ副理事長)

第3部:パネルディスカッション
コーディネーター 曽田 修司 氏(跡見学園女子大学マネジメント学部教授)
パネリスト  長田 謙一 氏、中村 誠 氏(埼玉県立近代美術館学芸主幹)



鈴木は第2部で、まちアートプロジェクトを行ったきっかけから、活動の経緯に沿って実感したアートプロジェクトの意義や可能性を報告しました。


「もっと多くの人に美術の面白さを知ってもらうきっかけづくりをしたい」という気持ちから、人々が生活する「生きた場所」である商店に作品展示をし、埼玉県越谷市の街全体を「美術館」にしたい、と考えたこと。
また、越谷という街を見直す中で見えてきた課題、特に「異世代の人々が交流し、表現する場の欠如」を埋めるために、展覧会前に行った様々な基盤作り。
そしてメインの、2008年展覧会準備から終了までの活動内容紹介では、作品出展者と参加店舗、両者が協働して作品と展覧会を作り上げる中で変化してきた表情や関係性、想いなどを沢山の活動記録画像と共に振り返りました。


c0127841_1038552.jpg



最後に、今まで美術に触れることのなかった人達に働きかけることで美術に対する意識が変容したこと、また、それには作品「作る」「見る」場だけでなく、「伝える」環境づくりが大切だということを報告しました。



パネルディスカッションでは、地域の文化資源の発掘・活用や行政・企業・大学等との協働、NPO団体の継続的運営に係る課題について意見が交わされました。

特にアートを巡る状況の変化については、今なぜ美術館の外でアートをすることが必要なのかとの問いかけに、「アートがモノそれ自体でなく、関係性に変わってきているからでは」という話がありました。同時に、映像や演劇など分野間の融合によってもアートの捉え直しがされる中、アートプロジェクトは「現代的に捉えられたアートの戦場」であり、美術館や分野別施設は、その「ハイライトな戦場」なのではないか、という意見も出ました。

アートプロジェクト活動の課題としては、やはりどの団体にも共通して「持続性」があげられました。今アートプロジェクトの可能性や必要性が提示されていきながら、その問題はずっと消えない。活動を軸に「生きていける」仕組みづくりをもっと積極的に考えていかなければいけない、という言葉には会場の誰もが頷きました。


様々な活動実践からの声を聞き、今改めて地域に関わるアートプロジェクトとしての人間関係づくりの難しさ、面白さを感じています。
これからの活動の中でも「人と人」のつながりを大切にしながら、「アート」へのチャレンジ精神を常に持ちつつけていきたい、と感じたシンポジウムでした。


最後に、参加者の皆様と主催の埼玉県文化芸術振興課の皆様に深く御礼申し上げます。












記事:山口
[PR]
by town-art | 2009-02-08 11:49