アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
第5回オープンミーテイングレポート

今日はKAPLにて第5回オープンミーテイングを行いました。
地域の方々にまちアートプロジェクトをより理解していただけたら、と考え行っているものです。

青年会議所・越谷NPO・越谷郷土資料研究会の方々を交えた会合となりました。
c0127841_22399.jpg


ひとりひとり、顔を見ながら自己紹介をした後、具体的な会議に入りました。

c0127841_2218046.jpg

c0127841_23534721.jpg

・新しいチラシ・ポスターのデザインをメンバーや地域の方に見てもらい、意見をもらう。
・作品出展者の担当店舗決め。
・まちアートギャラリーMAG(マグ)の運営について。
・教育委員会の後援について。

以上が会合の主な内容でした。


担当店舗を決める時、いつも身の引き締まる思いがします。
これから二人三脚で、作品作りをするパートナーになるので、
作者と店舗との相性を十分考慮して決定しました。
詳細はチラシに掲載しますので、もうしばらくお待ちください。

コミュニケーションから生まれる作品たちをどうぞお楽しみに!

また、青年会議所の方々から、教育委員会はもちろん、越谷市からも後援をもらったほうがいいという力強いアドバイスもいただきました。そのほかにも地域の方ならではの視点でさまざまなアドバイスをいただくことができ、とても有意義な会合になりました。
協力してくださる方がたくさんいらっしゃるおかげで、私たちまちアートプロジェクトは頑張ることができます。心よりみなさんに感謝いたします。



最後に、次回のオープンミーティングのお知らせです。

9/27(土) 14時~15時、19時~20時 (内容は同じです)
第6回オープンミーティング(どなたでも参加可能です)
場所:KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ―
アクセス:北越谷駅東口より徒歩10分
c0127841_22452275.jpg


☆オープンミーティングに参加希望の方は、前日中に

townart07@yahoo.co.jp

までご連絡ください。



記事:浜野
[PR]
by town-art | 2008-08-30 20:25 | 2008年度:活動の記録
誰でも参加できるオープンミーティング後期のお知らせ
月に一度「まちアートプロジェクト」では

どなたでも参加可能な会合

「まちアートオープンミーティング」 を開いています。


その場所で、「地域・街・アート」の関係を広域的に考えられたらと思っていますので、是非興味がある方はご参加いただければ幸いです。

☆オープンミーティングに参加希望の方は、前日中に

townart07@yahoo.co.jp

までご連絡ください。







★今後の予定★


8/30(土)

☆16時半~18時半 第5回オープンミーティング(どなたでも参加可能です)
場所:KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ―



9/27(土)

☆16時半~18時半 第6回オープンミーティング(どなたでも参加可能です)
場所:KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ―




KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ―へのアクセス

c0127841_04828100.jpg









・第3回まちアート展覧会

場所:越谷市内商店・施設など

期日:10/26(日)~11/21(金)

オープニングイベント:10/26(日)

作品鑑賞ツアー11/8(土)・11/15(土)・11/16(日)



現在決まっているのは以上です。

予定が変更になる場合もありますので、随時確認いただければ幸いです。



★スタッフ、作品出品者も募集中です
[PR]
by town-art | 2008-08-20 00:49 | NEW!最新のお知らせ
店舗さんの写真撮影

今日は、展覧会チラシの地図部分に載せる店舗さんの写真撮影に行ってきました!

前回は外観のみでしたが、今回は店舗ごとに特色が出るように
どんな風に撮影するかを店主さんと相談しながら撮影を進めました。

c0127841_23282097.jpg

c0127841_23264363.jpg


お客さんが来やすいように外観が良いという店舗さん、
こだわりの商品をメインにしてほしいと言う店舗さんなど様々でしたが、
どの店舗さんでも変わらないのがお客さんに対する紳士な思いです。


私たちが作った地図を見ながら、たくさんの人がまちめぐりを楽しんでくれるのを
想像しながら、日々頑張っています。

チラシの全貌は出来上がり次第アップします!!お楽しみに☆
[PR]
by town-art | 2008-08-19 20:19 | 2008年度:活動の記録
WATER GREENにまちアートがブース参加
8月10日、環境を考えるイベントグループ、『WATER GREEN』が主催のイベントに、まちアートプロジェクトがブースとして参加をしてきました!


c0127841_2136306.jpg



ここでは、作家やアーティスト、ECO団体など、様々な団体が越谷レイクタウンの見田方遺跡に集まり、楽しみながら環境の事について考えるイベントになりました。



c0127841_21381535.jpg




まちアートプロジェクトは、出展ブースとして、ECOワークショップを2つ行いました!





c0127841_2255168.jpg





1、『エコ万華鏡をつくろう!』

トイレットペーパーの芯やビニール袋、使わなくなった小物といった、再利用の材料を主に使って作る、オリジナル万華鏡のワークショップです。


c0127841_22142435.jpg



c0127841_22145324.jpg



身近にある、でも普通は捨ててしまうようなものが、キラキラした景色を生み出す。
参加者は小学生前後のこどもが多く、思い思いの万華鏡を楽しみながら作っていました。出来上がると、一緒に来ていた友達や保護者やそこにいたまちアートメンバーに、自分から「見てみて!!」と見せている姿が印象的でした。



c0127841_21515387.jpg




2、『越谷の空を撮ろう!』

まちアート展覧会オープニングイベント等で使われたこともある、「青写真(注:1)」を使ったワークショップです。

越谷の自然の、草や葉や落ちていた枝、また蝉の抜け殻などを素材にし、コピーアートペーパーに空と影を描きました。


c0127841_21532494.jpg



こちらは参加者の年齢が高く、中高生や大人の方が、青写真に映し出される影や空に驚く姿が印象的でした。

また、家族で一つの画面に手形を撮る姿もありました。


c0127841_22152247.jpg



集合写真は、カメラでも撮れる。
しかし、越谷の太陽の下で、家族みんなが寄り添って手の影をのこす。
ここに、集合写真というだけではない、「願い」のようなものが作品となって形に残ったように
思いました。



c0127841_22154514.jpg




アートは様々な思いを伝えると同時に、物事を考える大きなきっかけになるものです。
今回のワークショップやイベントによって、また環境の事について多くの方の考えるきっかけになれていたら幸いです。








記事 山口

more
[PR]
by town-art | 2008-08-10 18:46 | 2008年度:活動の記録
「空のある街5」サンシティ越谷コミュニティセンター
去る7/29~8/3。

運営スタッフとして関わった、サンシティ越谷コミュニティセンター主催の「空のある街5」が無事終了いたしました。

『空のある街』は、今年で五年目を数え、「ホッとできる街づくり」をテーマに市内の小中学生、市民サポーター、作家が一体となって作品づくりに取り組むアートイベントです。


c0127841_17462320.jpg



準備日や搬出日を数えると一週間超に渡る長丁場でしたが、スタッフ同士、参加者のこども、保護者と密なコミュニケーションをとることが出来ました。


スケジュールの詳細は

7/29-7/31は会場で作品制作

8/1-8/3は作品展


といったもので、会場で三日間作品制作に向かい、三日間その作品をみるというプログラムの中で、子供の変化、スタッフの変化がありました。


ドロに触れないこどもが次の日にドロと格闘していたり、人の作品をみて自分の作品に活かしたり、小学生、中学生の交流から作品が生まれたり…。



c0127841_17463426.jpg




スタッフの変化は、子供との関わり合いの方法、制作を通しての作品についての考え方、アプローチの仕方、またこの企画の意味などを実際の会場の中で、一日一日考えさせられました。


作品展には、参加者のこども・保護者を中心に多くの人が来場し、市内の小中学生、市民サポーター、作家が一体となって制作した空間を楽しんでいました。



c0127841_17464797.jpg



c0127841_1747056.jpg




8/2に行われたシンポジウムでは、この「空のある街」に関連した取り組みである「市内にソロの木を植える」事業に協力した小学校の校長先生や保育園の方、児童館の館長、市内の中学校の美術の先生などが出席し、環境問題から美術の話まで充実した内容になりました。


c0127841_17471910.jpg




私も「まちアートプロジェクト」を代表し、現在の子供の感じている美術の現状から地域と学校が一体となって取り組むアートイベントの可能性について少し話をさせていただきました。


少し記述させていただきます。


―子供はとてもモノをつくることが好きです。

 しかし、このモノをつくることが将来の自分にどう活きるのか分からない子供ばかりです。


 対象をじっくり見て絵を描くことやいろいろな材料を用いて自分のつくりたいものをつくる試行錯誤の中にはどんな力・意味があるのでしょう?


 今回のイベントに参加した子供達は、作品制作を通して、自分のつくった作品を積極的に人に見せていました。


 つまり、作品を通して自分の考えを人に伝えていたのです。これは人間が生きていく上で大事な能力です。


 モノをつくる過程の中で自分の面白いと思うこと、美しいもの、きれいなものを発見し、発見したものを人に伝えて、また人の作品をみて、他人の考えを理解する。


 モノをつくるという事は、モノをつくることで終結しないことを子供達は私達に教えてくれました。


 そして、現在の慌しい学校の現場ではこれほど充実した自分との対話の時間はありません。


 地域の市民センターが、こうした学校では体験できない充実した作品制作の時間を用意してくれることで今後多くの学校と連携していき、子供達の上記したような能力のさらなる深化を期待できると感じます。


それは、学校だけでなく地域全体で子供大人が相互の関わりの中で成長していく機会です。


最後になりましたが、ひとつのドロ団子、作品をみて、「きれい」「すごい」「どうやってつくったんだろう」と感じる力も大切な力のひとつです―


今回のイベントを通して、私自身多くのことを学びました。

机上の空論を振りかざすのではなく、現場の生きた空間で様々な思考をさらに深めて行きたいです。





記事:asami
[PR]
by town-art | 2008-08-06 17:47 | 2008年度:活動の記録
空のある街5〜1日目
きたる7/27。
ついに越谷コミュニティセンター主催『空のある街5〜オベント森のオベント小屋〜』が始まりました。
まちアートプロジェクト(以下MAP)としても今年度初の大きなイベントとなります。

以前からこのブログでもお伝えしていますが、この『空のある街』は、「ホッとできる街づくり」をテーマとし、このワークショップ前から越谷市内各所で、みんなでお弁当を食べられるようなコミュニケーションする場所として、植樹をして「オベント森」なるものを作ってきました。

その集大成的なものとして7/29,30,31の3日間、市内の小学生・中学生と市民サポーターが一緒に「ホッとできる街」をテーマに作品を作ります。


1日目の前半にはまず、コミュニティセンター外での植樹をしました。

「座る場所はあるけど、日陰がないからすごく暑いね」という話をした上で、植樹をすることで、この木がいずれ大きくなり、私たちを日差しから守り、安心して話ができる場所を作ろうということで4本の木を植えました。

やはりというか、子ども達は興味あることに飛びつきます。
植樹の穴堀の時点でみんなが「自分も掘る」と寄ってきます。
靴を履いていない小さい子も大きい子(お兄ちゃん?)に抱えられながらスコップを持ってたりしていて、
[PR]
by town-art | 2008-08-05 12:29 | 2008年度:活動の記録
『空のある街5』作品展のお知らせ
本日、8/1(金)から越谷コミュニティセンターにて『空のある街5』作品展が始まりました。

越谷コミュニティセンター主催の『空のある街』は、ホッとできる街づくりをテーマに市内の小中学生、市民サポーターが一体となって作品づくりに取り組むアートイベントです。


会場には、みんなで協力して作り上げた大きなオベント小屋や土手、子供たちがドロや植物や廃材を使用して思いおもいに制作した個人作品などが展示されています。

c0127841_2251546.jpg




制作最終日に行ったまちアートプロジェクト主催のワークショップ『影撮』も成功に終わり、子供たちが制作した個性豊かな青写真も会場を彩りました。




c0127841_22491947.jpg



c0127841_22494688.jpg



c0127841_23343675.jpg





3日間のワークショップの中で私たち自身、子供たちからたくさんのことを学びました。
最初は土すら触れなかった子が、最後にはドロまみれで制作していたのが印象的でした。
本当に成長のスピードが速く、大人顔負けの発言も多々ありました(笑)

自分が想像した形をどうやったら実際に作れるのか。
あきらめずに創意工夫する子たちばかりで、感心してしまいました。

自分の作品を「見て!見て!」と、ニコニコしながら紹介してくれた姿は忘れられません。


皆さんもそんな子供たちのエネルギーを感じに来てください。
きっと、何か新たな発見があるはずです。





【作品展詳細】

夏休みこどもワークショップ参加者による作品展
2008 「空のある街5」~オベント森のオベント小屋~

●会 期:8/1(金)~3(日)10:00~19:00
●会 場:越谷コミュニティセンター ポルティコホール

地図はこちら

●入場料:入場無料!
※8/2(土)にはシンポジウム&ミニコンサートを予定しています。(無料)


とても面白い空間が出来上がっていますので、ぜひご来場ください!


記事:浜野
[PR]
by town-art | 2008-08-01 22:30 | NEW!最新のお知らせ