アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
まちアートプロジェクトシンポジウムレポート①「まちアートプロジェクトの開催動機」
去る12/1。

まちアートプロジェクトの総括を目的としたシンポジウムの様子をレポートします。

長いレポートになるので4回に分けて紹介します。




第1回:まちアートプロジェクトの開催動機

第2回:地域の方の「まちアートプロジェクト」

第3回:学生の「まちアートプロジェクト」

第4回:まちアートプロジェクトの今後の展開







まちアートプロジェクトシンポジウムレポート①

「まちアートプロジェクトの開催動機」





7月に組織をつくり活動を続けてきた「まちアートプロジェクト―MAP―」。

その活動を多角的な視点で総括できる場がほしいと考え、シンポジウムを開催しました。

当日は、学生、地域住民、商店会の方、アート関係者の方、そして他の地域に住む方の意見が飛び交い充実した時間になりました。



まず初めに、代表の鈴木からプロジェクトの開催動機が発表されました。



c0127841_12394616.jpg



「本日はお忙しいところお集まりいただきまして、ありがとうございます。

去年のキタコシガヤ美術館化宣言!から今年のプロジェクトの動機は、3年間、写真サークルで作品をつくり、年に4回学内で展覧会を開き、大学に関わる人にみてもらう活動をしていのですが、それはみてもらう人を限定していて狭い活動なのではないか。ということに、ある時気が付いたんです。


世代が近くて、考え方も近い人にみてもらうだけではなく、世代や考えの異なる人に作品を見てもらいたいと思いました。


そこで、地域にでてみてはどうだろう?と考えました。


地域にある商店に作品を展示させてもらえたら、世代や考え方の違う人たちにみてもらえるし、何より地域の人と作品で交流ができるかもしれない。


いままで学校と家との往復で、商店会にほとんどいくことが無かったけれど、作品を展示させてもらうお願いを一店一店にすることで、地域に生きている人の考えに触れ、私達の考えを伝え、コミュニケーションがとれ、地域の様々な問題点も見えてきた。



大型店の進出によりシャッターを閉めるお店の増加、商店の跡継ぎがいないこと、働き盛りの年齢人口は増えているてベッドタウン化した地域であること、都市計画の為街の中心に道路が通り街が道路を挟んで二つに分かれてしまうこと、など。


アートプロジェクトでそれらの問題がすぐに解決するわけではないけれど、私達が作品で地域とコミュニケーションをとり、それを発信していくことで、いままで交流の無かった人たちが話すきっかけになったり、考えを伝え合ったりすることで、問題を皆で解決できる知恵が生まれるのではないかと思います。


今、このシンポジウムで活動を振り返ってみて、それを生み出すことができるのは、世代や考え、特殊な資格を必要とせず誰もが自分の考えで楽しむことができるアートなのではないかと実感しています。」










作品を展示するということは、その商店の方との交流無しでは実現しない。

そこに私達の活動の面白さがあるのではないかと実感します。

一人一人が、主体的に活動に関わることを余儀なくされることで、作品について、地域について、お店について、自ら考えることを続けていく。

問題が生じればそれをどう解決するかを考えていく。

そのプロセスの中で、お店の人、地域の人とのコミュニケーションは深いものになるのだと思います。



第2回もお楽しみに!



記事:asami
[PR]
by town-art | 2007-12-10 12:39 | 2007年度:活動の記録
まちアート展覧会終了!!(感想)
12/3今日まちアート展覧会が無事終わり、また同時に7月から始まったまちアートプロジェクトが今日をもって満了しました。

関係者各位の皆様お疲れ様です。

戸惑うことも多かった活動ですが、今日まで無事にやれたこと、またそれを一緒にを作り上げてきたメンバーに感謝すると共に誇りに思っています。

今年から参加し、参加前は美術に縁遠い自分は本当にはちゃんとやれるのか、外部の人間を皆が受け止めてくれるのかなど不安でしたが、みんなの暖かい気持ちに大変助けられました、ありがとうございます。

今日で一応区切りがつきましたが、今回を終えて最後というわけではなく、また新しい活動をはじめる一歩として感想を書きました。

下の写真は今回の作品のお気に入りのひとつです。
c0127841_23455828.jpg


記事 watanabe
[PR]
by town-art | 2007-12-03 23:46 | 2007年度:活動の記録
本日シンポジウム行います。
スタッフ、商店会の店主さん、作者、地域の方、美術関係者の方などが一同にあつまって意見を出し合う場がほしいということから、本日「まちアートプロジェクトシンポジウム」を行います。




私達は、「美術活動と地域」を主軸に、今回の「まちアートプロジェクト」で活動することで感じたことや疑問に思ったこと、今後の課題などを紹介します。



参加は無料


どなたでもお気軽にお越しください。



会場でお待ちしています。




c0127841_1353113.jpg




まちアートプロジェクトシンポジウム

会期:2007.12.1(土) 20:30~21:30

会場:大袋ぎゃらりーひろば(東武伊勢崎線大袋駅より徒歩二分)

主催:まちアートプロジェクト実行委員会

http://townart.exblog.jp/







記事:asami
[PR]
by town-art | 2007-12-01 01:35 | NEW!最新のお知らせ