アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
スタッフ#4
 
スタッフ紹介#4




今回のプロジェクトに関わるスタッフを紹介していくページです。


四人目は、昨年の「キタコシ美術館化宣言!」で作ったフリーペーパー「キタコミvol.2」から参加、文教大学文学部中国語中国文学科所属の2年生・手塚 亜美ちゃん(アミちゃん)の紹介です。

アミちゃんは、地域と自分との関わりをもっと増やしたいと考えてプロジェクトに参加しました。スタッフとして主に大袋中心にまちアートプログラムの話を進めてくれています!


やんわりとした空気なのに、一本スジの通ったしっかり者です☆





それでは、アミちゃんの紹介です。






c0127841_17291039.jpg







①名前:手塚亜美


②ニックネーム:アミちゃん


③参加形態:スタッフとして


④プロジェクトに参加しようと思った理由:

 以前の私は地域と自分との関わりについて考えたことなど全くありませんでした。しかし今年の春に刊行されたキタコミ第二弾の編集のお手伝いをさせていただいたことがきっかけで初めて地域の方の声を直接伺うことができました。それらの話はどれも私たちにとって大きな意味を持つものばかりで、今まで聞く機会もなく過ごしていたことを勿体無かったとさえ思いました。今回は自ら積極的に働きかけ、さらに広い範囲・多くの人と関わることができたらと思います。



⑤プロジェクトの目的:

 今回のプロジェクトにスタッフという立場で関わっていくことを通じて、人とのコミュニケーションというものを見つめ直していきたいです。何かを成し遂げるためには意思の疎通が不可欠になると思うので、プロジェクトの進行と併せてのお互いの考えを随時確認するように意識して、より円滑に進めていけるような環境づくりを心掛けたいと思ってます。



⑥越谷でやる意味をどう考えるか:

 私にとって越谷は地元というわけではありません。しかし大学に入学して1年半ほどの僅かな期間で自分でも驚くくらい身近な街だと感じるようになりました。けれども越谷に通学をしている全ての人がそう感じているわけではないと思います。もしかすると実際に住んでいても越谷という街に関心がないという方もいるかもしれません。このプロジェクトを知って何かを考えることで、越谷に限らず『自分の住む街・通っている街』に興味を持つ人が増えることを期待しています。






コミュニケーションの大切さを知り、スタッフとして積極的に活動に参加するアミちゃん。責任感が強く、頼れる仲間の一人です。

このプロジェクトを進めていく中で、一人でも多くアミちゃんのように何気なく過ごしている街・街の中ですれ違うような身近だけど何も分からない人達に興味を持つ人が現れたらいいですね(^^)



そんなアミちゃんをよろしくお願いいたします。





記事:あさぬー
[PR]
by town-art | 2007-09-23 15:45 | スタッフのページ
9.16の会合報告 オープニングワークショップ、ポスターについて。
9.16 11:00~16:00  追加会合 オープニングワークショップ、ポスターについて



c0127841_1975823.jpg






参加作家の皆様、展示作品の制作は進んでいますか?


展示まで約一ヶ月です。


ここが踏ん張りどころですね。


頑張っていきましょう!!




9.16に追加会合がありました。




この日は主に、「まちアートプロジェクトのオープニングイベント」と「配布用ポスターデザイン」について話し合いました。


●オープニングイベントについては、10/21(日)に行い、主に6つのワークショップを北越谷駅西口さくら広場で行うことになりました。


オープニングイベントの目的は、私達の活動の住民への認知と、誰もが体験できるアートワークショップを通して、アートを身近に感じてほしいというねらいがあります。


開催するワークショップは後日紹介いたします。



●ポスターのデザインも着々とできてきました。


一年生の清水と四年の山口のデザインです。


様々な意見をメンバーで出し合い、完成に近づけていきます。


街中に飾られる日が楽しみです。




さて、次回の会合は、


9.21 12:15~16:30 第六回会合 作家作品(アイデア、未完成OK)持ち寄り


です。



まちアートプロジェクトもいよいよ大詰め!


ここ乗り切りましょう!!



記事:asami
[PR]
by town-art | 2007-09-19 19:08 | 2007年度:活動の記録
タウンアートプロジェクトから「まちアートプロジェクト」へ!

私たちの活動の名称が少し変更になることが決定いたしました。



タウンを日本語に換え、

「まちアートプロジェクト」へ!



略称は  「MAP」



私たちの活動が広がり、点ができていく。
その点が繋がり越谷の「地図」になっていくという思いを込めて考えました。



新ロゴデザインも考案中です。

できあがり次第紹介する予定なのでお楽しみに!! 




記事:鈴木
[PR]
by town-art | 2007-09-18 08:36 | NEW!最新のお知らせ
9月8日の活動報告
昨日、大袋商店街共同組合の集まりに挨拶をかねて「まちアートプロジェクト」の説明に行ってきました。

理事の井上さんをはじめ数人の方が集まっていただき、とても良い話合いの場を持つことができました。


今日の話し合いで決まった方針などは以下の通りです。

●参加形式について
作家自らお店の人と交渉してほしい。

●ギャラリーについて
商店街として運営しているギャラリー広場を貸していただけることになりました。
期間は11/13~11/19、11/20~11/26あたりはどうかといわれました。
10/14~10/20は無理みたいです。(この辺は検討しましょう!!)

●その他
今日集まった方々から広報活動として越谷市の広報誌に載せたらどうだといった
ご意見をいただいました。これもちょっと検討してみましょう。
また広報活動全体としてまだまだやれることはあるかもしれませんね。

写真は大袋商店街の様子
落ち着いたただずまいが印象的な通りでした。



記事:ナベ(代筆:マスミ)
[PR]
by town-art | 2007-09-09 20:34 | 2007年度:活動の記録
スタッフ#3
スタッフ紹介#3

今回のプロジェクトに関わるスタッフを紹介していくページです。


三人目も、今回初参加、文教大学人間科学部臨床心理学科の1年生・服部真理子(はりこちゃん)の紹介です。

はりこちゃんはDEJIVU(写真表現サークル)メンバーでもあり、活動的な期待の新人☆まちアート交流にも積極的に参加してくれました。


それでは、はりこちゃんの紹介です。


①名前:服部真理子

②ニックネーム:はりこちゃん

③参加形態:スタッフ・出来たら作品出品作家として

④プロジェクトに参加しようと思った理由:

 私はこのプロジェクトがあることを知ってはじめて、私たち大学生は地域の人
たちとの関わりがあまりないことに気がつきました。そこで、このプロジェクト
を通して大学と地域とが関係を持ち、さらに、よりよいものにしていきたいと思
い、参加することにしました。


⑤プロジェクトの目的:

 私は多くの人と、関わりを持ちたいです。将来、人と接する仕事をしたいと思
っているからです。①でも述べたように大学生として地域の人との関わりを持つ
ことはもちろんですが、作家やスタッフ同士の交流を通して、自分のコミュニケ
ーション能力を高めて、活動を円滑に進めていきたいです。


⑥越谷でやる意味をどう考えるか:

 私は越谷に来る機会は多いのにも関わらず、越谷のことをよく知りません。し
かし、実際、このような人は多いのではないかと思います。このプロジェクトに
よって、越谷を訪れる人たちに一人でも多く越谷の魅力について知ってもらえた
らいいと考えています。



人との交流を大事にしたいというはりこちゃん。多くの人とコミュニケーションをとって他のメンバーも、地域の人も(よい意味で)巻き込んでいってもらいたいです。( *´艸`)


そんなはりこちゃんをよろしくお願いいたします。



記事:マスミ
[PR]
by town-art | 2007-09-08 20:43 | スタッフのページ
スタッフ#2
スタッフ紹介#2





今回のプロジェクトに関わるスタッフを紹介していくページです。


二人目は、今年初参加、文教大学教育学部美術専修所属の1年生・江口佳奈英(ぐ
っちょん)の紹介です。

ぐっちょんは、美術専修ということで直接まちアートプログラムの話を聞いて町
に自分の作品が置かれるということに興味を持ち、参加してくれました。

ほのぼのとした香りをただよせていますね☆





それでは、ぐっちょんの紹介です。





c0127841_2205437.jpg






①名前:江口佳奈英


②ニックネーム:ぐっちょん


③参加形態:作品出品作家として


④プロジェクトに参加しようと思った理由:

 自分の作品を人に見てもらえる機会を得たいと思ったから。また、地域の人々
と関わり、交流を通して、自分の中の世界を広げていきたいと思ったから。



⑤プロジェクトの目的:

 地域の人たちとの関わりを通して、今一度、当たり前になっている「人づきあ
い」というものを学びたい。また、作品を見てもらうことで自分の中での作品へ
の姿勢に何か一つでも変化をもたせたい。



⑥越谷でやる意味をどう考えるか:

 まだ越谷に通うようになって日は浅いが、これから身近になっていくであろう
地域の方たちに作品に対して少しでも関心を持っていただけたら、地域の人にと
っても私にとっても、色々とものの見方が変わったり、得られるものがあるかも
しれないから越谷でやる意味があると思う。






1年生であり、このような活動に初参加であるぐっちょん。1年生だからってプ
ロジェクトを敬遠するのでなく挑戦する気持ちが素敵だと思います。

本人も言うとおりまだまだ越谷に来てから日が浅いのです。しかし浅いからこそ
客観的に見ることが出来るのかもしれません。新しい発想も出るかもしれません
ね(^^)


そんなぐっちょんをよろしくお願いいたします。





記事:あさぬー(代筆マスミ)
[PR]
by town-art | 2007-09-03 22:05 | スタッフのページ
第5回、追加会合3回の活動報告
第5回会合 11:00~ 文教大学新美棟デザイン室



8/21 地域説明会があり説明会をしました。


c0127841_2591471.jpg



昨年参加していただいた店主さんから、お店側と作家側でのトラブルの回避について意見を頂いた。



「参加店舗への展示物の説明責任は作家が展示を通して行う方が良いのではないか。」

という指摘を受けた。



例えば、「作品が壁から落下する恐れがある」、「落下したことで床を傷つけてしまう恐れがある」など、作家が予想できる範囲をお店の人に伝え、お店の人は展示したときの破損や汚れについての可能性を作家に伝える。

そうすることで、後々になってトラブルにならずにすむ。

アートを通して交流し、共通理解を深めることが大切である。

文章によって簡単に了承してもらう形を考えていた私達にとって、作品展示こそがもっとも店主と交流できる時間であり、そのやり取りを通して、お店に来てくれたお客さんにも働きかけることができるのだと分かりました。

「そこ右上がりだね」なんて指摘されながら作品展をともにつくっていくことが、このプロジェクトの大きな魅力でもあるのですね。




さて、当初の予定では計画通りに行かないということで、追加会合がありました。

8/27、8/31、9/1です。





8/27、追加会合一日目 11:00~ 文教大学新美棟デザイン室



c0127841_344043.jpg



↑ラーメン店ありんこさんへのプロジェクト説明の様子




参加店舗が増えてきて、作家の店舗視察が始まりました。

また大袋商店会へお伺いし、商店会で運営しているギャラリーを中心に大袋の商店会でも作品展ができる運びとなりました。

沢山の人が様々な取り組みをしていること、商店会は同じような悩みや問題点を抱えていることを発見できた日でもありました。

様々な魅力ある取り組みを、私達の活動で繋ぐことで新たな交流を生むことができるのではないか。

共に協力してよりよい環境をつくりたい。

いろいろな地域を訪問することで、私達の活動の意味もみえてきました。





8/31、追加会合二日目 11:00~ 文教大学新美棟デザイン室


c0127841_36198.jpg



↑日野屋書店さんへのプロジェクト説明の様子。




参加決定の店舗がかなり増えてきたので、担当作家を決定していく。

自分の得意な作品スタイルをいかせるお店。

新しいことに挑戦できるお店。

店主とともに何か制作できそうなお店。

など、お店選びも自分の意図するところを持って決定していきます。

すでに作品づくりが始まっています。


また、18時からせんげん台でトンボ玉を制作しているサークルさんと打ち合わせ。

うまく行けば、オープニングイベントへの参加も実現するかも。

色々な繋がりが現実となってきました。



9/1 追加会合三日目 11:00~ 文教大学新美棟デザイン室



なべ君から、越谷市の歴史、私達の活動をもっと住民にアピールする方法のプレゼンが行われた。

歴史については、越谷の道路の設備によって人口が増加し、次第に都市が開発されてきた経緯について、また今の越谷市の問題点、公共パブリックスペースの不足、郊外大型店の進出による商店会の衰退etc...。


c0127841_38588.jpg



↑自作の地図などを用いて視覚的にも分かりやすい!



この活動の魅力をアピールする方法として、作品展オープニングイベント時に、パネルを掲示する。



c0127841_3101830.jpg



↑たたき台のパネル案




そのパネルの内容は、「私達の発見した越谷市の魅力ある場所の紹介」「この活動ができてから、1回1回の会合の様子」「この活動を通して、越谷市のこれからの展望」をビジュアル的にも魅力的なパネルにし、見てもらおうというものだ。

まだまだ、内容はつめていかなくてはならないが、昨年の広報活動の反省点をいかしたアピールができる実感が湧いてきた。

メンバー一人一人の声を反映させる為にも、1回1回の会合を大切にして行こう!



それから、強力な新メンバーも現れた。

詳細はスタッフのページで後に紹介する。




仕事の後は、やっぱり一杯!ということで、


「串揚げ田ほんわか」でお疲れ様!!


c0127841_3131724.jpg



↑乾杯の後はしばし無言で料理に没頭!


季節物で、さんまがすごく美味しかった。お勧めです!!


田さんでは、私、asamiが作品を展示することになったので、お楽しみに!








以下、決定事項




北越谷商店会担当店舗、作家一覧

>・ヤマイチサイクル→浅見
>・もみの木→江口・柿本
>・串あげ田→浅見・水野・(芹沢)
>・中田スポーツ→二宮
>・ドラッグきたこし→寺田
>・ほっかほか亭→浜野
>・おしゃれ工房恵→江口
>・HairWorksFleur→清水
>・旬善彩桃→二宮
>・環翠→山口
>・ありんこ→浅沼(浅見)
>・フラワーガーデンほり→柿本
>・鳥秀→浅見
>・さくら水産→山口
>・マミーサ→塚越
>・ホワイト急便→塚越
>・ローソン→山口
>・日野屋書店→山口
>・小野沢商店→浅沼


以下、スタッフからの連絡。


>展示店舗との連絡をお願いします!
>手順は
>
>1、北越谷商店会HPから場所と番号を確認。
>2、電話連絡して自分が担当になった事を伝える。ミーティングの日取りを決め
、展示場所や作品の相談を店主とする。
>3、作品を作り始める。
>
>9/13までにここまでできてるといいと思います。
>



北越谷商店会ホームページ

http://www.kitakoshigayasyoutenkai.com/



記事:asami
[PR]
by town-art | 2007-09-03 03:15 | 2007年度:活動の記録