アートで人と地域を繋ぐ!まちアートプロジェクトの活動紹介・広報ブログです。
by town-art
カテゴリ
全体
まちアートプロジェクトとは
NEW!最新のお知らせ
MAP参加店舗紹介
参加作家プロフィール2009
シンポジウム等発表レポート
2009年度:開催日程
2009年度:活動の記録
2008年度:活動の記録
2008年度:活動の予定表
2007年度:活動の記録
2007年度:活動の予定表
2006年度:活動履歴
MAP以前の活動
スタッフのページ
まちアートギャラリー(MAG)
KAPLとの連携
SMF
以前の記事
2011年 10月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
最新のトラックバック
アートが人をつなげ、笑顔..
from 美術と自然と教育と
イオン
from タロウの日記
ギャラリー 「楽の蔵」
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
花の広場
from 越谷レイクタウンブログ
街を美術館にしよう ―越..
from 美術と自然と教育と
アートで人と地域を盛り上げる
from 美術と自然と教育と
とってもうれしい若者の活動!
from 美術と自然と教育と
お気に入りブログ
美術と自然と教育と
つくること みること か...
文教大学教育学部 美術研究室
「mite!ながの」美術準備室
Shunya.Asami...
オモフコト
KAPL―コシガヤアート...
Photo Expres...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:NEW!最新のお知らせ( 77 )
越谷市民祭りに今年も参加します!
今年も越谷市で一番大きなお祭り「越谷市民祭り」に参加します!

c0127841_11412997.jpg


今年は大きく目立った活動は行っていないMAPですが、今年も声をかけていただき、
毎年展示させていただいている、越谷中央市民会館2階市民ギャラリーにて展示を行います。


b0156423_032244.jpg


b0156423_0324990.jpg


b0156423_033165.jpg

展示作業の様子


MAPメンバーは各自のフィールドやKAPLでも多くの活動を行っています。
そちらの報告も併せて行いたいと思っています。

市民祭りに来た際には是非是非足をお運び下さい。

◇越谷市民祭り

□日時 10月23日(日)  9:00〜16:00

□中央市民会館2階  市民ギャラリー


地図

[PR]
by town-art | 2011-10-21 11:48 | NEW!最新のお知らせ
『Active Learning 造形ワークショップ実践例とプログラム開発』発刊記念パーティのお知らせ
ワークショップ研究会から

『Active Learning 造形ワークショップ実践例とプログラム開発』

という冊子が三澤一実(武蔵野美術大学)/押元信幸(川口短期大学)の編著により発刊されます。


c0127841_0583153.jpg




それに伴い、

「ワークショップ研究会・冊子発刊記念パーティ」

を開催します。


ワークショップに興味のある方はどなたでも参加可能ですので是非お気軽にご来場下さい。



日時:3月19日(土)19:00~20:30

場所:KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
    〒343-0026 埼玉県越谷市北越谷5-9-27
    東武伊勢崎線「北越谷駅」徒歩5分

会費:飲食代としておひとり様1000円

本冊子も購入可能です。一冊500円

お問い合わせ:kapl@excite.co.jp



本冊子は、ワークショップ研究会のメンバーが行ってきた様々なワークショップの取り組みを一冊にまとめたものです。

ワークショップ研究会とは2006年3月に発足し、様々な立場のメンバーが集い、それぞれ独自のワークショップを運営し、ミーティングの機会にワークショップについてディスカッションする場です。

話題は、街と地域とアートの関係、教育現場との連携、美術館との連携、工芸ワークショップ、写真ワークショップ等々様々です。

当日は著者の三澤一実さん、押元信幸さんも出席の予定です。

お二人を囲んで、ワークショップについてわいわい語り合いましょう!!



KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
http://kapl.exblog.jp/

c0127841_101117.jpg



また当日KAPLではアーティスト「ちょく」による『ひきだし』展が開催中です。

コチラも合わせてご覧いただければ幸いです。

http://kapl.exblog.jp/i44/


記事:asami
[PR]
by town-art | 2011-03-09 00:59 | NEW!最新のお知らせ
明日は埼玉近代美術館へ!
MAPと連携しているSMF(サイタマミューズフォーラム)では今年も埼玉県でアート活動を行っている方を繋げるラウンドテーブルを開催します!

***

12/18(土)
○ラウンドテーブル→10:30~17:00(埼玉近代美術館講堂)
○懇親会→:17:30(会費2500円)

午前中は、各団体・アーティストの発表。
午後は、3人のアーティストと進行役の元に分かれて分科会です。
詳細はこちら↓
http://artplatform.jp

***

代表鈴木は司会をします。いろんな方がきます。ぜひ遊びにきてください!
[PR]
by town-art | 2010-12-17 07:28 | NEW!最新のお知らせ
明日、越谷の市民まつりにて作品展示&映画上映します!
c0127841_2233087.jpg


明日10月24日(日)の9:00から
越谷で開催される市民まつりにて作品展示および映画「鉄塔手繋日(てっとうてつび)」
またKAPLで行なわれました 美術教育5750分展Ⅱのドキュメント映像の上映を行ないます。

お忙しい中だとは思いますが、是非お越し下さい。

〜作品展示および上映予定時間〜
●作品展示
9:00〜16:00

●映画「鉄塔手繋日」上映
①9:30〜10:16
②11:30〜12:16
③14:00〜14:46

●5750分展Ⅱドキュメント映像
①10:30〜11:00
②13:00〜13:30
③15:00〜15:30


〜場所〜
中央市民会館 2階 市民ギャラリー



記事:カキモト
[PR]
by town-art | 2010-10-23 22:43 | NEW!最新のお知らせ
越谷市民まつりに参加します!
10月24日(日)に開催される第36回越谷市民まつりに参加します!


c0127841_2294056.jpg


c0127841_2210948.jpg


c0127841_22103189.jpg


場所は中央市民会館2階の市民ギャラリーです。

まちアートプロジェクトでは9時~16時まで、作品展示や越谷を舞台とした映画「鉄塔手繋日」の上映などを行います!


ぜひお気軽に遊びに来てください!

お待ちしています!



記事:服部
[PR]
by town-art | 2010-10-12 22:24 | NEW!最新のお知らせ
「キタコミ vol.3」発行しました!
アートで地域を繋ぐフリーペーパー「キタコミ」を発行しました!


c0127841_1217344.jpg


c0127841_12181027.jpg


c0127841_12182955.jpg



「キタコミ」はまちアートプロジェクトがスタートする前の2006年、越谷をもっと知りたいという思いから創刊されたフリーペーパーです。

このキタコミをきっかけとして地域との繋がりが生まれ、MAPの活動が始まりました。


今回のvol.3は先月KAPLで行われた「5750分展」にて制作したものです!

MAPの参加店舗さんや文教大学の3号館などで配布しているので、ぜひお手にとってご覧ください!


[キタコミvol.3編集部]
編集長:鈴木眞里子
取材・記事:服部真理子・渡辺範久・鈴木眞里子
デザイン:清水絢子
協力:KAPL http://kapl.exblog.jp/
SMF http://artplatform.jp/index.html

お問い合わせ:machiart09@yahoo.co.jp
発行:まちアートプロジェクト(MAP)http://townart.exblog.jp/



記事:服部
[PR]
by town-art | 2010-09-29 13:19 | NEW!最新のお知らせ
ラジオに出演します!
今週の9/30・18:00から30分ほどNHKさいたまが放送している「日刊さいたま~ず」の輝くさいたま~ずさんのコーナーに出演します!

関東の方は聞けるみたいなのでぜひ聞いてみてください
MAPのことや最近のことなど話しています。

FM85.1 ちちぶ83.5

ラジオは車の中が聞きやすいらしいですよ。

日刊!さいたま~ずHP
http://www.nhk.or.jp/saitama/program/nikkan/

記事:鈴木
[PR]
by town-art | 2010-09-28 22:35 | NEW!最新のお知らせ
美術教育5750分展Ⅱ
今年もやります!体張り企画!!!昨年度よりボリュームアップ!!ぜひご来場・ご参加ください。

かつて、
あなたが受けた「美術教育」を思い出してください…
そして、現在の「美術教育」を感じてください。


c0127841_21534580.jpg


『5750展Ⅱ―美術教育は生きているか―』プログラム1:現役美術教師やアーティストが5750分を使って公開制作します !

■「5750分展Ⅱ」公開制作+美術教育座談会


現役美術教員やアーティストが5750分を使って会期中公開制作(ライブペインティング)や街頭に繰り出し、街を行き交う人
に「美術教育」について尋ねるアートインタビューや座談会を開催します。入場無料 ! 出入り自由 !
●参加者: 廿楽紘子・鈴木眞里子・山口愛・柴直子・浅沼奨・柿本貴志・大澤加寿彦・渡辺範久・浅見俊哉 他多数
●会期: 8月7日(土)・8日(日)・9日(月)・10日(火) 10:00~20:00
●イベント : 会期中毎日14:00~16:00「美術教育座談会」を開催します。 
●会場 : KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ) 埼玉県越谷市北越谷5-9-27(東武伊勢崎線 北越谷駅 東口下車 徒歩5分)http://kapl.exblog.jp/

c0127841_21544789.jpg


プログラム2:美術教育を多角的に捉えるシンポジウム+ ワークショップ開催 !

■「5750分展Ⅱ」シンポジウム+ワークショップ


「美術教育」は特定の人だけのものではありません。今を生きる「美術教育」を多角的に考えられるシンポジウムとワーク
ショップを開催し、参加者全員で「美術教育」を考える機会をつくります。是非お気軽にご参加ください。
事前申し込み不要 ! 入場無料 !
●提案者 : 大澤加寿彦(アーティスト)・鈴木眞里子(まちアートプロジェクト代表)・山口愛(コミュニケーション漫画家)
●会期 : 8月29日(日) 10:30~16:30 埼玉県立近代美術館 2 階講堂 入場無料
●タイムテーブル:
第一部10:30~12:30「美術教育」で話す! ( 美術教育をテーマに参加者皆で話し合うプログラム)
第二部13:30~16:30「美術教育」で遊ぶ! ( 美術教育をモチーフに様々な遊びを通し、改めて美術教育を考えるプログラム)
●会場 : 埼玉県立近代美術館 2階講堂 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1(JR京浜東北線 北浦和駅下車 徒歩5分)






各プログラムとも事前申し込みは不要です。お気軽にお立ち寄りください。

平成22 年度 文化庁「美術館・歴史博物館活動基盤整備支援事業

主催:「交差する風・織りなす場」実行委員会 共催:KAPL「5750 分展」実行委員会/MAP(まちアートプロジェクト)
問い合わせ:埼玉県立近代美術館内「交差する風・織りなす場」実行委員会事務局 tel:048-824-0110 / e-mail:SMF.info@artplatform.jp
またはdejivu04●yahoo.co.jp (●を@に直してお送りください。)/ 090-9318-7780(浅見)まで。


~展覧会によせて~

あなたの「美術教育」を教えてください…。
「5750分」これは何の数字でしょうか?
実は現在の中学校3年間で学ぶ「美術の時間」なんです。
ちょっと思い出して下さい。あなたの中学校の「美術の時間」。美術をとても楽しみにしていた人、息抜きの時間にしていた人、退屈で仕方なかった人も、あなたが学校で受けた「美術の時間」のことを思い出してください。―美術はどんな授業でしたか? 色の勉強、友人や郷土の風景を描いたり、粘土で陶器をつくったり―美術をどんな先生に習いましたか? 変な先生? 手先が器用な先生? やけに熱い先生? 何も教えてくれなかった先生? そしてその「美術の時間」に、どんな学びがありましたか?
 「5750分展」は、2009年8月からはじまり、今年で2回目となる「美術教育」をモチーフにした誰もが参加できるアクションです。冒頭にも書きましたが、文部科学省が告示する平成24年度から行われる「新学習指導要領」(学校現場で行われる教育課程の基準)では、中学校3年間で行われる「美術の時間」は週に1時限(1年生は1.3時限)に定められています。1時限は50分、3年間で115時数ですから合計すると「5750分」が、「美術の時間」というわけです(参考までに英語は21000分です)。「5750分」、この数字を多いと感じるでしょうか、少ないと感じるでしょうか。
 私達は今回の企画でこの「5750分」を使い、「美術教育ってなんだろう?」「美術教育でなにができるだろう?」と皆で話し合い、行動し、模索したいと考えています。    

「5750分展」発起人: 浅見俊哉



~企画者・パネラー紹介~


●浅見俊哉(あさみしゅんや) アーティスト・美術教師
日々「アートとは何か?」を模索する。2006年7月には、鑑賞教育で注目を集めた展覧会「Mite!おかやま」(岡山県立美術館)に作品を出品、2007年9月には、NY・A-forest-Galleryに作品を出品。2008年7月、「KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ」を設立し、月に一度のペースで展覧会を企画する。2009年8月には「美術教育」をテーマとした企画展「5750分展」を開催。現役美術教師が中学生に教えている5750分で作品制作、美術教育に挑んだ。アクセス : http://asaworks.exblog.jp/

●鈴木眞里子(すずきまりこ) まちアートプロジェクト代表・美術教師
大学時代に作品制作・展示をしていく中で,美術館やギャラリーでは作品は興味のある人にしか見てもらえないという疑問が生じる。「アートはもっと身近に楽しめコミュニケーションがうまれるもの」をキーワードに気軽に誰でもアートを感じられるような作品展示やワークショップ、シンポジウムの開催など地域に根付いた活動を展開。大学院では「地域との連携による展覧会を活かした美術教育実践の開発」の研究を進める。美術を通して伝え合う力が高まり、自己と他者および社会との関係性について考えることのきっかけとなるという視点から美術や美術教育と携わっている。アクセス : http://townart.exblog.jp/

●山口愛(やまぐちあい) コミュニケーション漫画家・美術教師
大学在学時は美術教育を学びながら作品制作をし、卒業制作展示では埼玉県立近代美術館にて漫画作品を展示。また、2006年からまちアートプロジェクトに所属し、4年に渡り作品出展者として活動。地域の商店の店主を主人公にした漫画を制作。大学院では美術教育における漫画の活用をテーマに研究。現在は埼玉県越谷市の美術教諭として美術教育を実践しながら、漫画の持つビジュアル・コミュニケーション力で多くの人と関わっていきたいと考えている。

●大澤加寿彦(おおさわかずひこ) アーティスト
ギター講師である父の影響を受け、中学生から音楽を始める。下北沢を中心に活動し、2008年にまちアートプロジェクトに参加。東京都、埼玉県、長野県など全国各地に活動場所を広げている。ポップなサウンドとあたたかい歌声を武器に、人々の笑顔をテーマに制作した楽曲を演奏している。また、MAPやKAPLでは音を使ったワークショップ等を行い、写真作品も出展し、幅広く表現活動に挑戦している。アクセス : http://www.myspace.com/ohsawakazuhiko


~スペース・アートプロジェクト紹介~

●KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
2008年7月、埼玉県越谷市にオープンしたアートスペース。閑静な住宅地の中にある開放的な空間で月に一本の企画展を開催。誰もが主体的にアートに関われる企画を通し、「アートで何が出来るか」
を皆で考えていける機会を創造します。是非ご来場ください。

●MAP(マップ・まちアートプロジェクト)
2006年より埼玉県越谷市を舞台に、人の行き交う商店(毎年約40ヶ所)に作品を展示し、街全体を「美術館」にするアートプロジェクト。アートを通して、商店主との関わりの中で作品が生まれ、作品を
通して地域の人との関わりが生まれる。新メンバーも募集中 !


昨年度の5750展の様子はコチラ
http://kapl.exblog.jp/i22



MAPのみんなも参加します。
シンポジウムでもお話します!

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by town-art | 2010-08-03 21:56 | NEW!最新のお知らせ
KAPL2周年特別企画 「越谷再発見」展!
7月のKAPL企画展のお知らせです。まちアートプロジェクトと連携して開催します!

c0127841_12493416.jpg


2010年7月でKAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)は2周年を迎えます。

今回、アートを通して見えてきた「越谷」の魅力を再発見できる企画です。

越谷市で撮影され、アートで地域商店主さんとの暖かい関わりを描いた映画「鉄塔手繋日」や、アートで生まれた人と人との繋がりを実感できる「越谷アートピクニック」、越谷の魅力ある写真を公募した「越谷写真1000景」など越谷を再発見するにふさわしい盛りだくさんな内容で皆様をご案内します。

案内するスタッフは、越谷市を「美術館にしよう!」と2006年から越谷市の商店に作品を展示しアートで新たなコミュニティを生み出しているMAP(まちアートプロジェクト)のメンバーと、2008年に北越谷にオープンし、文化発信をしてきたKAPLのメンバーです。両者が発見した「越谷」の面白さをぜひ体験してください。


■「Re:discover-KOSHIGAYA 越谷再発見」展!


■会期日時:7月19日(月・祝)・7月24日(土) 13:00~18:00 完全事前申し込み制

■ツアー内容:
13:00 東武伊勢崎線北越谷駅集合
13:30~15:00 映画「鉄塔手繋日」上映 監督:浅沼奨(2009年度作品)+展示作品鑑賞「越谷写真1000景」
15:30~16:30 越谷アートピクニック・北越谷商店会
17:00~18:00 越谷アートピクニック・大袋商店会

■申し込み方法:
FAXでの申し込み→040-824-0018(埼玉県立近代美術館 学芸 越谷アートピクニック係)
メールでの申し込み→dejivu04@yahoo.co.jp(担当:浅見)

各回定員25名です。応募多数の場合は抽選になりますのでご了承ください。
また抽選の結果は、7月15日頃を予定しています。

■主催:KAPL2周年特別企画実行委員会 共催:SMF(サイタマミューズフォーラム)・MAP(まちアートプロジェクト)・文教大学写真表現サークルDEJIVU 協力:北越谷商店会有志・大袋商店会有志


KAPL共々、どうぞよろしくお願いいたします。



記事:服部
[PR]
by town-art | 2010-07-12 12:50 | NEW!最新のお知らせ
とんこつラーメン蟻ん子さん・展示のお知らせ
遅くなってしまいましたが、現在「とんこつラーメン蟻ん子」さんに去年12月より展示させて頂いているのでご報告致します。


KAPL10月の企画展「なにもない展―There is "Nothing" What is Art?」
に参加した際、サンドイッチマンをしていた私の作品を見てもらえたことがきっかけでお話を頂きました。



c0127841_1575449.jpg


c0127841_1581731.jpg


作品名 『散歩道』

作者 文教大学文学部英米語英米文学科 櫻井千寿子


お話を頂いたときは驚きましたが、どんどん繋がってゆくものなのだなと感じとても嬉しく思いました!

ぜひご覧下さい。


記事:櫻井
[PR]
by town-art | 2010-03-08 15:12 | NEW!最新のお知らせ